白髪染めをはじめる前に行っておきたいことがあります。これは、白髪染めで頭皮が染料にアレルギー反応を起こして、荒れたり炎症を起こす方が時々おられます。このことから、頭皮が白髪染めの染料に反応して炎症を起こさないか調べる、パッチテストです。 

白髪染めの染料の成分に頭皮が荒れて炎症を起こしては、大変なことになります。パッチテストは自宅で簡単にできるので、やっておくことをおすすめします。

それでは、パッチテストの方法を紹介しましょう。 

■パッチテストの方法

まず用意するものは、使用するヘアカラー、ヘアカラーを入れる小皿、綿棒、ティッシュを用意します。次に、小皿に白髪染めの染料を少し取り、この染料を綿棒で少し取り、腕の内側に10円玉ほどの大きさで薄く塗ります。 

しばらく自然乾燥して塗ったところの皮膚の反応を見ます。30分経過しても、皮膚が濡れているようでしたら、ティッシュで軽く拭き取ります。 

反応を見る時間は、染料を塗布してから30分ごと、48時間後です。テスト期間中は入浴を避け、水に対しても濡らさないように注意して、また、こすらないようにもします。 

上記した方法でパッチテストを行って、もし、皮膚にかゆみや発疹、水泡、発赤といった症状が出た場合は、すぐに優しくこすらないように洗い流します。それでも症状が改善しない場合は、必ず皮膚科の医師の診察を受けましょう。 

パッチテストの必要性は、白髪染めを使う時点で毎回行いましょう。以前に同じヘアカラーを使っていたからといって、今回も問題がないとは限りません。身体の体質の変化や健康状態が低下していることで、皮膚に炎症を起こすこともあります。安全の為に白髪染めを行う48時間前にパッチテストを行いましょう。 

アレルギー反応は、パッチテストを行って反応がなくても、白髪染めを行ってしばらく経ってからアレルギー反応が現れることもあります。
しら後染めを行った後は、時々、頭皮の状態を確認しながら、行いましょう。