白髪染めの色々なタイプ

白髪染めには使いやすさを考えたいろいろなタイプがあります。白髪染めのそれぞれのタイプの特徴や使い方について考えてみます。 

チューブに入ったクリームタイプの白髪染めは、二つ材料を混ぜて染料を作ります。このタイプは使う量に合わせて必要な量を使い、髪の生え際などの部分的に使えるので、ポイントとして染めることができます。もちろん全体的に染めることもできます。
続きを読む

一応パッチテストはやった方がいい?

白髪染めをはじめる前に行っておきたいことがあります。これは、白髪染めで頭皮が染料にアレルギー反応を起こして、荒れたり炎症を起こす方が時々おられます。このことから、頭皮が白髪染めの染料に反応して炎症を起こさないか調べる、パッチテストです。 

白髪染めの染料の成分に頭皮が荒れて炎症を起こしては、大変なことになります。パッチテストは自宅で簡単にできるので、やっておくことをおすすめします。
続きを読む

白髪を綺麗に染め上げる方法

白髪染めで髪を染める場合、染める時の様々な条件で染め上がりに違いが出てきます。染め上がりが左右する条件は「室温」や染料を付けてからの「放置時間」、それと後は染料の「塗布量」です。 

白髪染めのパッケージに表示している条件は、ほとんどの場合、室温20度~30度の条件での使用で書かれています。
続きを読む