30代になってダイエットをして胸が小さくなった、または垂れてきたという経験はありませんか?これは、30代になった加齢によるものやダイエットによって、大胸筋というバストを支えている筋肉が衰えたからです。

大胸筋はバストの乳腺と脂肪を支える大切な筋肉です。言い換えると、30代になってもこの大胸筋を鍛えることで、胸を大きくすることや美しいバストラインを保つことができる訳です。

一般的には、腕立て伏せが大胸筋の維持に効果的だといわれていますが、毎日腕立て伏せをするのはちょっと大変ですよね。そこで、今回は、毎日続けられる簡単エクササイズをご紹介します。

30代 胸を大きくバストアップエクササイズ

まず、両方の手のひらを胸の前で合わせ、力を入れて互いの手のひらを押し合うようにします。このとき、背筋をのばし、ひじを直角にすることに注意してください。この状態で息を吐き、15秒キープします。

15秒たったら、全身の力を抜いてリラックスしてください。これを毎日10回行ってください。このエクササイズは、座ったままで行っても、立ったままで行っても問題ありませんので、時間を見つけてやってみてください。

今度は、壁を使ったエクササイズをご紹介します。まず、壁に手をついてまっすぐに立ちます。このときも、背筋を伸ばすように気をつけましょう。その姿勢で脇をしめたまま、壁を10秒間押します。

こちらも毎日10回行ってください。たったこれだけで胸を大きくすることが可能ですから、誰でも、毎日10分のエクササイズを続けられそうですね。30代バストアップのために継続してみてください。