10分間バストアップエクササイズ(30代編)

30代になってダイエットをして胸が小さくなった、または垂れてきたという経験はありませんか?これは、30代になった加齢によるものやダイエットによって、大胸筋というバストを支えている筋肉が衰えたからです。

大胸筋はバストの乳腺と脂肪を支える大切な筋肉です。言い換えると、30代になってもこの大胸筋を鍛えることで、胸を大きくすることや美しいバストラインを保つことができる訳です。

一般的には、腕立て伏せが大胸筋の維持に効果的だといわれていますが、毎日腕立て伏せをするのはちょっと大変ですよね。そこで、今回は、毎日続けられる簡単エクササイズをご紹介します。

30代 胸を大きくバストアップエクササイズ

まず、両方の手のひらを胸の前で合わせ、力を入れて互いの手のひらを押し合うようにします。このとき、背筋をのばし、ひじを直角にすることに注意してください。この状態で息を吐き、15秒キープします。

15秒たったら、全身の力を抜いてリラックスしてください。これを毎日10回行ってください。このエクササイズは、座ったままで行っても、立ったままで行っても問題ありませんので、時間を見つけてやってみてください。

今度は、壁を使ったエクササイズをご紹介します。まず、壁に手をついてまっすぐに立ちます。このときも、背筋を伸ばすように気をつけましょう。その姿勢で脇をしめたまま、壁を10秒間押します。

こちらも毎日10回行ってください。たったこれだけで胸を大きくすることが可能ですから、誰でも、毎日10分のエクササイズを続けられそうですね。30代バストアップのために継続してみてください。

美バストを目指す40代女性へ!

バストアップ商品はサプリメントやジェル・オイルなど、いろいろあります。40代でもお肌のスベスベ、モチモチ感は美バストには欠かせません。胸を大きくするため優しく効果的なマッサージをしてあげましょう。

胸を大きくするマッサージは、老廃物をスムーズに流し、血行を良くし、新陳代謝を高めます。お顔のマッサージと同じです。

私たちの全身の皮膚(肌)はつながっていますよね。だから40代はバストケアでは残念なことになってしまいます。マッサージをするなら、首や脇やまでしてみてください。

40代 胸を大きく←さらに詳しく

脇に流れがちな膨らみ(脂肪)は、寄せて上げて。首筋や脇にあるリンパは優しくもみほぐします。

脇にあるリンパが腫れたり、痛くなったことはありませんか?40代になり排卵や生理前など、ホルモンのバランスが変わる時に起こりがちで、この時にはバストもやや大きくなっているはず。

そう!バストには、ホルモンが関係しているのです。美バストの為には、ホルモンのバランスを正常に保つことが大切。それには、まずは、規則正しい生活とバランスのとれた食事です。つまり、健康でなきゃいけないってこと。

「成長期のダイエットは危険」て言いますよね。乳腺が発達するこの時期、ダイエットでホルモンのバランスが崩れたら、乳腺の発達が危険にさらされ、バストのバランスも崩れてしまいます。(もちろん、危険にさらされるのはバストだけではない事は、言うまでもありません。)乳腺の発達には、ホルモンが大きく影響していると言われているのです。

なんとか危険を回避して育った乳腺は守らなくてはなりません。そこで活躍するのが「脂肪」です。世間から目の敵にされている脂肪も、バストの為には大切な役割を果たします。胸の大きさは、乳腺と脂肪でほぼ決まります。

この成長したバストを支えるのが「大胸筋」です。大胸筋は、程よく鍛えなければなりません。鍛えすぎると、脂肪は落ち、「おっぱい」でなく「胸板」になってしまいます。

といっても、特別なトレーニングをしない限り「胸板」にはなれませんが。40代で胸を大きくするためには、毎日、少しずつトレーニングをしましょう。

<誰でもできるバスト・トレーニング>

○肘をはり両手のひらを押し合う
・・・手はバストの高さで、押し合う時に息を吐くのが効果的だそうです。

バストの事を理解して、40代の美バストを目指しましょう。